ダンベル器具などのオンラインショップTOP > マーシャルワールドオンラインショップ

ダンベル器具などのオンラインショップTOPトレーニング用品> ダンベルセット

*

*

カテゴリ一覧

* *
お好みに合わせたセットをお得な価格でご提供致します。
傷が付きにくいラバー仕上げ、セットも多数ご用意いております。
 
*
ポリウレタンを使用した次世代トレーニングアイテム。
 
◆ダンベルを使用した筋トレ方法

ダンベルを使用した筋トレでは上腕二頭筋、上腕三頭筋を鍛えることが出来ます。
筋肉をつけるには、最大筋力の70~80%目安となるなるダンベルを使い筋トレを行います。
目安は頑張って10回できる重さのダンベルを使うようにしましょう。
筋持久力をつけるには、最大筋力の30~50%となるダンベルを使い筋トレを行います。
目安は頑張って30回できる重さのダンベルを使うようにしましょう。

・アームカール(上腕二頭筋の筋トレ)
①手の平を前に向け、両手にダンベルを持ちます。
②ひじを曲げて胸の前までダンベルを持ち上げて、ゆっくりと元に戻していきます。
筋肉をつけるには、アームカールが頑張って10回できる重さのダンベルを使い筋トレするのが目安です。

・フレンチプレス(上腕三頭筋の筋トレ)
①片手にダンベルを持って、その腕を上に伸ばしてひじを曲げて、頭の後ろに移動させます。
②肘を動かさずに腕を上へ伸ばしてダンベルを持ち上げ、ゆっくりと元に戻してきます。
筋肉をつけるには、フレンチプレスが頑張って10回できる重さのダンベルを使い筋トレするのが目安です。

・プッシュアウェイ(上腕三頭筋の筋トレ)
①中腰の姿勢になり、片手にダンベルを持ち、腰のあたりに移動させます。
②ひじを動かさずにダンベルを後方へ持ち上げ、ゆっくり元に戻してきます。
筋肉をつけるには、プッシュアウェイが頑張って10回できる重さのダンベルを使い筋トレするのが目安です。
筋肉をつけるのが目的なら、息を吐きながらダンベルを1秒間持ち上げて息を吸いながら2秒かけてゆっくり下ろすように動かします。
セット間の休憩時間を1分くらいにして、10回×3セットを行います。
筋持久力をつけるのが目的なら、セット間の休憩時間を30秒くらいにして、30回×3セットを行なって下さい。
アームカール(上腕二頭筋の筋トレ)だけでも、上腕二頭筋と同時に上腕三頭筋も鍛えられるので効率は良いです。
ハードな筋トレ後は、腕の筋肉の回復に2~3日掛かるので覚えておいて下さい。

◆女性のためのダンベルを使った簡単な筋トレ方法

本気で体を変えたいなら、女性にもダンベルを使用した筋トレをおすすめします。
ダンベルを使用した筋トレは、使い方次第でいろいろなトレーニングができます。
引き締めたい体の部分をピンポイントで鍛えることも可能ですし、
ダンベルだけで本格的な筋トレへのステップアップも可能となります。
たたみ一畳のスペースがあればダンベルを使用した筋トレができ、
保管にも場所を取るわけでは無いので、ダンベルは自宅での筋トレにも最適と言えます。
ご紹介する女性のためのダンベルを使った簡単な筋トレは今すぐに取り組める簡単ダンベルトレーニングになります。

・ダンベル重量の目安
1kg~1.5kg→ダンベルを使った筋トレ経験が無く全くの初心者の方
2kg~2.5kg→ダンベルを使った筋トレ経験は無いが、少し筋力・筋トレに自信のある方
3kg以上→ダンベルを使った筋トレ経験があり、筋力に自信のある方
※初心者の方は、1kgからが目安

・ダンベル筋トレその1 背筋を鍛える
①ダンベルを両手に握って、上体を前傾させた状態にします。体の力を抜いてリラックスします。
②腕でなく、背中の筋肉を使いダンベルをゆっくり引き上げ、ゆっくり下ろします。
この動作を数回反復致します。肩甲骨を動かすようにするのがコツです。

・ダンベル筋トレその2 背筋を鍛える
①仰向けになって床に寝るます。腕を伸ばした状態でダンベルを保持しましょう。
②背中の筋肉が動いていることを意識して、腕を伸ばしたまま床の方向にゆっくり下ろしていきます。
ダンベルが床に着いたら、元の位置までゆっくりと上げていきます。この動作を数回反復します。
腕ではなく、背中の筋肉が働いていることを意識することがポイントです。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

*

ストライカーキックミットストライカーキックミット
約410gと軽量かつソフトでありながら生地は0.5mm厚のターポリンを使用した、しっかりとしたキックミットです。初心者や子ども、女性にも安全に使用していただけます。
ダンベル・筋トレ